皮膚科医のQ&A 〜vol.12〜 「ワンちゃんにもキューティクルってありますか?」

今回は

「ワンちゃんにもキューティクルってありますか?」

という質問にお答え致します

 

犬の被毛にもキューティクルはあります!

 

そして、人と同じようにキューティクルは傷みやすいです

 

キューティクルが痛むと、被毛がキレイに見えなくなります

せっかく丁寧にシャンプーして、綺麗にカット出来ても、実はキューティクルが痛んでいたら勿体ないですね!

 

傷む原因の1つにシャンプーの方法があります

そこで、今回はシャンプーの方法を順にご説明致します

(この方法がベストという訳ではありません。オススメの方法があればぜひお教え下さいませ。)

①お湯は熱すぎないように!

 熱いお湯はNGです!

 犬の体温(約38℃)より低いぬるま湯で十分に時間をかけて毛を濡らし、できるだけ汚れを落としましょう

 

②シャンプーは直接付けないで!

 シャンプーは事前にスポンジなどでしっかり泡立ててから使いましょう

 (又は泡で出るタイプのシャンプーをお使い下さい!)

 (ただし、シャンプーによっては直接付けても問題ないものもあります)

 

★泡で出てくるアフロートVET 低刺激シャンプー

 優しく洗えるので、皮膚の弱い子にオススメです

 

③シャンプーでこすらない!

 しっかり泡立てたシャンプーを揉み込むように洗いましょう

 

 ★泡立てる方法

④すすぎ残しは禁物!

 ワンちゃんの毛は思ったよりも深いです

 根元から十分洗い流しましょう

 

⑤シャンプーしっぱなしにしない!

 シャンプー後の皮膚を保護するために必ず保湿剤やコンディショナーを使いましょう

 皮膚の弱い子は勿論、全てのワンちゃんに使うのが理想です

 

⑥タオルでゴシゴシしない!

 柔らかいタオルを使い、こすらないようにしましょう

 出来る限りコームやスリッカーは使わずに、タオルドライをメインに行います

 

⑦ドライヤーは遠くから!

  ドライヤーの熱は皮膚や毛に良くないので、遠くからを当てましょう

ワンちゃんのキューティクルはデリケートです

日頃のシャンプーの仕方の参考になれば幸いです

 

皆様から頂いた質問に対して、皮膚科医がお答えしていきます

疑問がある方はコメント、メッセージでお尋ね下さいませ

Please reload

Please reload

カテゴリ

ひふのブログ

Please reload

最新記事